病気が治るおまじないを使えば、心身共に健康になれる!

病気が治るおまじない①

持病や不意にかかってしまった病気がなかなか治らないと困りますよね。 そんな時にはおまじないで治癒祈願をしましょう。

大きめの湿布を1枚用意し、ペンで人間の全身の形を簡単に描き、それに沿ってはさみで切り抜きます。 次に切り抜いた湿布の真ん中に、病名や具合が悪いところをそのままペンで書いて下さい。

そしてその上から字が隠れるように絆創膏を貼り付けます。 湿布はビニール袋に入れて封をしたら、机の上や引き出しの中に入れておいて下さい。 湿布は温湿布を使っても構いません。病気が治ったら、感謝の言葉をかけて湿布を処分しましょう。

湿布は痛みや苦しみを和らげるためのもの、絆創膏は傷口を保護して傷ついた体を元に戻す働きの手助けをするものです。 つまり、2つとも体を癒やす働きを持っているので、おまじないにおいても「治療」や「完治」の意味を持ちます。

絆創膏の下で病気はだんだんと小さくなり、苦しみが和らいで解決し、最終的には元の体に戻ってくれることでしょう。 湿布はビニール袋に入れますが、匂いが強いタイプもあるので周りに匂い移りしては困るものを置かないようにしましょう。 匂いが移ると、残った匂いで病気のことをつい思い出してしまうこともあります。

悪縁を切り願いを叶える!

おまじないで良縁を呼び込む!

おまじないで病気が良くなる方法をチェック!

病気が治るおまじない②

なかなか治らない病気を治す効果のあるおまじないをもう一つ紹介します。 まず初めにマドラーを1本と、ピンク色、白色、水色のビーズを用意します。

ビーズは大きさにもよりますが、2~4個程度あれば良いでしょう。 ピンク・白・水色の順番でビーズをゴムテグスに通し、マドラーに通すとぴったりのサイズになるリングを作ります。 リングをマドラーに通したら、グラスに炭酸水を注いだ中に金米糖を5つ入れます。

マドラーで炭酸水をくるくるかき混ぜながら「病気は良くなる。絶対に良くなる」と念じたり口に出したりして下さい。 炭酸水の泡が落ち着いてきたらグラスの中身を飲み干して、金米糖も食べてしまいましょう。

このおまじないは体の病気はもちろん、気力が湧かないなど心の悩みにも効果的です。 ピンク・白・水色は癒しや清潔感、純粋、中和など、病気の治癒に有効な意味を持っています。 ビーズは透明感の高いものを選ぶとより効果を発揮しやすくなります。

炭酸水と金米糖に込められた「病気は良くなる」という思いは、あなたの体に染み渡って願いを叶えてくれるでしょう。 炭酸水は一気に飲む必要はないので、炭酸が苦手な人も少しずつ飲んで大丈夫です。 金米糖の甘さもあなたを癒して気力を取り戻す手伝いをしてくれます。

縁切り MENU

メールで本格占いしませんか?

メールで出来る本格占いが今なら、初回利用のお客様のみ無料で行えます。
お使いのパソコンやスマートフォンから気軽にご利用できます。
あなたの明日が変わるかもしれない。奇跡のメール占いをぜひお試しください☆

24時間鑑定可能 STEP1 まずは、無料登録

ご自身のお名前、生年月日、血液型などの簡単なプロフィール情報を入力します。
また、登録には料金は発生いたしません。

このまま送信してください STEP2 次にメールを送信!

内容を確認したら送信ボタンを押してメールを送信!
占い師からの鑑定結果を待ちます。

STEP3 鑑定結果の受け取り

所属占い師が、あなたを鑑定しメールで内容をお知らせします
さらに詳しく聞きたいことやもっと占いをしたい場合は個別に送信できます。
今抱えている不安・悩み・相談したいことがあれば、お気軽にご相談ください。

鑑定完了!

たったこれだけの作業で簡単に本格の占いが楽しめます!
本格占いで、ステキな恋愛を楽しもう!

人気占い師に聞く!

あなたのその恋、絶対成就します。